スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内輪もめ

温度差があるチームは成立しないってこと。それに外を巻き込んじゃったわけで。



掃き溜めと反省。

CSやカードに対する意識(やモチベーション?)の違う人たちをチームに誘って、案の定ボロ負け。
それまでのゴリ押し等もあり、空中分解って感じっす。



1 思い上がり

2 意思の汲み取り

3 下準備


地元のショップにまともな調整環境を作るってことが目標があった。
CSを身近にすることが近道だと思った。
そこでCSに連れ出したり身内でCSを開催したり...。
埼玉CSではCS1位を付けられたし、その後も何人かをCSに駆り出せた。

まあでも結局開催も参加も、自分と周りでは温度差があったわけなんだよね。


5人チーム戦に関しては色々無理やり感があった。
大会当日に自分に予定があって行けないはずだったものが、1週前に予定がなくなる。
ここからチームメイトの欠員が発覚→代打を探すって状況に。
その中で、身内グループでの不仲だったり単純にまともなプレイヤーがいなかったりっていう状況で、
外から助っ人を読んできた。 
助っ人についても文句が出るのは予想できてなかったし、助っ人が来ることで、
気楽に大会に出られないし、そこまでして出たくないって意見を聞いた時には心底がっかりした。
チームメイトの空気を読めなかったってわけで。

そして案の定、助っ人は勝つけど周りは負けって場面を作りまくってチームは敗退。



後は蛇足。
そんな相手に「最下位は参加費倍ねー」って話から、お釣り渡すのをしぶっていたら、
話途中で荷物をもってドロンされましたってオチ。
それに対しては警察呼ぶところだったっていう大事だったことを理解してもらいたい。
犯罪と戯れの境界線くらいは分かってほしかった。



なんにせよ、チームやグループでまともにやるには、方向性や意識があってないと難しいってことです。
自分には力が足りませんでした。
スポンサーサイト

トラックバック

http://tomiyamakenshi.blog133.fc2.com/tb.php/457-63331a0b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。