スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉CS優勝9-0墓地退化解説

埼玉CS、墓地退化使って優勝してきました。
チーム面子は
A:けんし(墓地退化)
B:ケッピー(デアリバスター)
C:シュンヤ(墓地退化)
でした。

以下デッキ解説です。

resipi.png

『墓地』
墓地
4 x エマージェンシー・タイフーン
4 x サイバー・チューン
4 x 龍脈術 落城の計
3 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 斬隠蒼頭龍バイケン
1 x センジュ・スプラッシュ
3 x 戦略のD・Hアツト
4 x 死神術士デスマーチ
2 x 鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー
4 x 地獄門デス・ゲート
4 x 奈落の葬儀人デス・シュテロン
3 x 世紀末ヘヴィ・デス・メタル
無題

墓地退化

(1)デッキタイプとして。

<コンセプト>
Aプラン
・シュテロンを早く出す。
Bプラン
・手札を抱えて世紀末HDMでたたく。盾で受ける。

<長所>
・シュテロンを出すと毎ターンロストソウル。
・世紀末ヘヴィデスメタルでワンショット
・墓地を肥やすサイバーチューンとエマージェンシータイフーンがバイケンを絡めると除去STになる。
・デスゲートとクロック、アツトが噛み合って強力な受けに。
・出すクリーチャー自体は1マナ2マナ。ギョギョウの影響を受けない。
・受けが強い(ST19枚)ので、盾勝負に持ち込むことが比較的優位。
<短所>
・落城の計などを引けないと劣化墓地進化ビートと化す。
・↑のため、シャッフの3宣言などがしっかり厳しい。
・デスシュテロン、世紀末、クロック、(デスゲートも一部含む)等、手札で仕事しないカードがある。

(2)得意不得意
得意デッキタイプ
・デアリバスター(受けが薄いタイプには特に有利)
・赤黒バスター(ザークタイザーが複数絡む場合は厳しい)
・ビッグマナ(5色含む)
・速攻系統
五分デッキタイプ
・赤単レッドゾーン
・サソリス
・ゴエモンキーループ
・天門ループ(シュテロン引けるかどうかのゲーム)
・ジョバンニ(おそらく)
・ドロマーハンデス(五分よりちょい悪い)
不得意デッキタイプ
・黒赤デッドゾーン
・VVシリンダミラダンテ
・サザンルネッサンス

(3)大会での戦績

プレイヤー:けんし A卓
予選
黒赤デッド○
デアリバスター○
墓地退化○   (相手に効果ミスアリ)
5色ポット○
リスループ○  (相手ループ失敗ミスあり)
デアリバスター○
本戦
5色ポット×○○
5色バスター○○
青白ダンテ○×○
9-0(12-2)

プレイヤー:シュンヤ C卓
予選
黒赤デッド×
デアリバスター○
黒赤デッド×
黒赤デッド×
青白サザン○
デアリバスター○
本戦
黒赤デッド×○×
5色バスター○○
デアリバスター○○
5-4(8-5)

(4)構築面

初っ端に組んだところから、あまり変更していません。
自分が上手く動ければ非常に優位に立てるデッキです。
そのため安定した動きが欲しくて、メインの動きに肉付けしただけになっています。


shute.jpgdesumeta.jpg

4 x 奈落の葬儀人デス・シュテロン
3 x 世紀末ヘヴィ・デス・メタル

○7本積んでます。退化できることが前提なので7。現状最速で強いのはシュテロンなのでそちらを多く。
マナロックを見て、マナに置きたくないのは世紀末、ってのも薄い理由の1つ。

rakujo.jpgsennju.jpg

4 x 龍脈術 落城の計
1 x センジュ・スプラッシュ

○5枠用意。主旨は安定を見て。ただ練習段階からシャッフ3宣言は多かったので、それも意識にはありました。
シュテロンに退化させるターンは手札捨てさせるために殴らない。そのためトップにマーチを置けるセンジュの動きも強いです。

ma-ti.jpggowaru.jpg

4 x 死神術士デスマーチ
2 x 鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー

○6枠。ここも太め。死亡遊戯や勇愛の天秤(ローズもいる?)等で殺されないゴワルスキーの選択肢も多く持ちたかったです。

emaje.jpgtyu-nn.jpgatuto.jpg

4 x エマージェンシー・タイフーン
4 x サイバー・チューン
3 x 戦略のD・Hアツト

○墓地肥やし枠。引かないと始まらないので11本。最優先がサーバーチューン。手札が減るアツトは他の札を引いていない時用。
エマジェンとチューンはバイケンを絡めて受け札にもなる万能なので両方4。

kurokku.jpgdesuge.jpgbaiken.jpg

3 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 地獄門デス・ゲート
4 x 斬隠蒼頭龍バイケン

○受け枠。ミラダンテや単騎マグナムみてクロック1減らしたけれど、ラフルル型バスターが多くて失敗した感。
デスゲートはクロックやアツトとの合わせ技がある。手から置きやすい黒マナも欲しくて4に。

~~不採用カードについて~~

・シャーロック
次元を使う相手には、シュテロンや世紀末で事足りた。オリオティスジャッジも考慮。
・シンカイタイフーン
手札が減る。
・海底鬼面城
シュテロンを出してトリガーを踏むと苦しい。

(5)プレイング考え方・小技集

『初手アツトはチャージ』
アツト出す展開はそもそも苦しいです。ドロソっぽいカードが他に1枚でもあればチャージすると後が楽です。

『アツト、クロックは出したら殺す』
デスゲートから出ると強いです。特にアツトは3コスのマグナムを選んだ時も出せます。

『シュテロンは基本殴り合い』
・殴らないとホントにじり貧です。相手の手札がない時は殴るしかないです。ためても離れると場が飛ぶので無意味です。

『トリガー落城で相手の封印をはがす』
・禁断開放されると、こちらの勝ち筋が1つ増えます。

『墓地進化を先出しするとき、下はシュテロン』
・トリガー落城でシュテロンが登場すると、相手のターンなのでバイケンが飛ばせられます。

『センジュスプラッシュはキープ』
・シャッフが降ってくることが多いです。「落城2枚あるしセンジュチャージ...」ってプレイは死にます。


(6)立ち回り

・デアリバスター
世紀末と1体の打点で勝ちです。
デッキが分かるなら受けてからパンチで間に合います。

・赤黒バスター
シュテロンでザークタイザーとの殴り合いに持ち込む。
世紀末を先に通して、1ターン待ってもう1度世紀末で殴る。この場合はボルドキから禁断開放か、アパッチで青マナ抜かれてコンボイの2つしか負け筋がないです。

・受けの強いバスター
世紀末を先に投げます。盾を0にしてから受ける展開を作れれば優勢です。ただしラフルルがくるとお願いクロックです。

・その他殴るデッキ
受けながら殴ります。

・ビッグマナ
シュテロンを投げます。吸い込むが入っていそうなら横で殴ります。ただ待てば待つほどじり貧です。

・天門
シュテロンを投げて横で1ターン1枚ずつ殴ります。

・ミラダンテ系
バウンスが少ないので墓地進化を先出しします。
シャッフがきついです。センジュ増量はしたくないけど視野でもあります。むしろこちらにシャッフ積むまで?

・黒赤デッド
侵略サイコデッドの流れがバイケン殺されるのできついです。デッドをバウンスするのは嫌ですけど、殴りあうしかないです。


(7)最後に
久々に勝てました。
私には、組んでみて実際に回し、vaultの野良に持ち込んで地雷耐性や流行りデッキと練習する
って流れが向いているのかもしれません。
結構大きめの大会で、昔からの知り合いや、いろんなCSで見かける方々がたくさんいらっしゃる中、勝てたのはうれしいです。

特に、デッキをもらって勝たせてもらったこともあったシュンヤをチーム戦で勝たせられたのにもホットしてます。
プレイの練習に付き合ってくれたワールドの方々にも感謝。
スポンサーサイト

トラックバック

http://tomiyamakenshi.blog133.fc2.com/tb.php/452-ee138a41

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。