スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM

デュエルマスターズのカードを初めて知ってからはや7年か8年。
1つの趣味がここまで続いたのは僕の中では珍しいです。
ショップ大会とかに出始めたのは除去ボルメや青単パシフィック、牙デルフィンくらいの頃ですが、
この間、古参の人と言われていて、なにか感じるものがありましたね。


それなりにやり込んでいたつもりですが、いまだに強くなれたと思ったことはないです。

いつも大会後にプレイングを見直すとミスばかり。
ノーミスで終われた大会はないです。

苦手なプレイングは以下の3点
1.有利なタイミングの立ち回り
2.殴るタイミング
3.初見への回答の模索


1についてはホントに昔から治らない。
「自分を強く見せたい」って気持ちが無駄に強いせいで、
「綺麗に決めたい」だったり「グダっているところを見せたくない」だったりといった、
変な考えが出ちゃって、結果巻き返されることが多くなっちゃう。
vaultも観戦人数が分かるようになってから、もう平常心でできなくなりました(笑)

2は経験不足。
自分の中の根本のところに「ビートor速攻<コントロール」って考えがあるんだと思う。
相手の回りや盾に振り回されるってのが多分嫌。
だからこそランデスやハンデスなどの縛るデッキや、自分が一方的にぶん回るキリコみたいなのが好きなんだと思います。
結果、殴るリスクを怖がって、効果的なタイミングで殴らなかったり惰性で殴ったりを繰り返してるのを実感してます。

3は頭の悪さが出てる。
回答を見つけるのが苦手。
連戦してても負けてる原因がどこか見つけるのが下手だから、最初負けてるとそのまま負けることが多い。
調整中にデッキやプレイを修正できる人がホントにうらやましいです。



先にプレイの欠点を挙げましたけど、構築についてはもっとダメダメなんですね。

よく、「カードが入っている理由を1枚1枚言えるか」ってありますけど、
僕は言えません。
それっぽいことは言えます。
「噛み合ってるから」、「器用だから」、「あのデッキ相手の解答」etc...
理由になってないんですね。

核から軸、そして肉付け、枝付けって感じが理想なんですかね。

僕はついつい既存のデッキに、使いたいメインカードをねじ込む癖があります。
そして「スペースがない」 とか言っちゃうんですね。

大会結果とかで強いって思ったレシピを見るといつも驚かされます。
「なんでこのカード入ってないの?」「ここを削ることができるのか!」
知らないカードや予想外のカードが入っていて驚くことは少ないです。
だけど「入って当然」という先入観を取り払うのが難しいですね。

おやつCSの前夜の話なんですけど、M上君に
「組んでまわして調整するんじゃなくて、頭の中でしっかり考えて作るべき。」
「強いデッキは組んですぐに大会出ても勝てる」
ってニュアンスのことを言われて、なんっていうか自分の甘さを感じましたね。

調整だと思ってみんないつもやってるものはただカードまわしてるだけ
 ってだれかが言ってるのを見た時以来にしっくりくる話でした。



比較的多く大会に出に行った2011~2012年でしたが、Nエクス期にちょっと勝てた程度で、
結局苦手なプレイや構築などの面は育たないままでした。
せっかく周りに強い人がたくさんいたんだから、見栄を張らずにもっと積極的に教えてもらえばよかったと思っています。

しばらく大会などに出る機会はないのですが、今度帰ってきたときにはもっと打ち込みたいなと思ってます。


書いてる途中で寝落ちしたら、最初の勢いがなくなって何言ってるのかわからなくなってました。
収拾つかなくなってるんで、ここで終わります^^;;
スポンサーサイト

トラックバック

http://tomiyamakenshi.blog133.fc2.com/tb.php/392-b22d988b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。