お詫び

このたび、ブログを見てくださっている方々やtwitterをフォローしてくださっている方々にお詫びしなくてはならないことがあります。

私が長い間、提示、公開してきた情報に誤りが出てしまいました。
その数字をウリにしてきた場面も往々にしてありました。

私自身もその数値が揺らぐことはずっとないと考えていましたため、大変ショックを受けているところです。

しかしいまとなっては今までの発言は私の虚偽報告といっても過言ではありません。

続きを読む>>